おはぎとホットケーキ

k-popのことを中心にその他舞台やライブやら

天満天神梅酒Fes.2016に行ってきた話

えぷソウルコンの記事もまだ下書きに途中で残っているし、
この金土のSHINee WORLD@神戸の話もしたいし、
誰に勧められた訳でもないのになぜかへいせいじゃんぷさんがどうしてもきになる話もしたいし(!?)、
と、記事にしたい事柄は身の回りでゴロゴロ転がっているのだけど、先にこの話がどうしてもしたくてしたくて仕方がないので、時系列というものを完全無視して今回の記事を投稿することにする。


2月13日、大阪天満宮で2月11日から14日まで開催されていた天満天神梅酒Fes.2016に行ってきたよ、という話。


梅酒Fes.とは / 梅酒大会とは

f:id:ohghtck:20160214102341j:plain

全国の梅酒を約100種と各地のおでんなどのグルメが味わえる「夢の4日間」
大阪天満宮に「梅酒のお祭り」が帰ってきました!
 過去8回、開催を重ねてまいりました「天満天神梅酒大会」は諸事情により昨年中止となりましたが、本年2月、装いも新たに「天満天神梅酒Fes.」として開催することになりました。梅酒約100種を楽しめるコーナーや各地のおでんコーナーも初登場。ほっこりとじっくり梅酒が楽しめる内容となります。

公式HP 天満天神 梅酒Fes.2016 - 公式HP 天満天神 梅酒Fes.2016

以上、梅酒フェス公式サイトより。

2014年までは元々"梅酒大会"として毎年開催されていたイベント。
天満宮の境内の中にブースが設営されていて、ブースの入り口で最初に小さいカップをもらう。ブースの中には梅酒とリキュールがそれぞれ100種類くらいかな?用意されていて、好きな銘柄の梅酒やリキュールを指名してカップに入れてもらって、試飲ができる。ブースの外で販売もしているので、気に入ったお酒は買って帰ることもできる。うどんやB級グルメの屋台も併設されていて、飲んで食べて楽しめる。
人の多い土日祝なんかは、試飲に時間制限があることが多かったのだけど、人が割と少なめな平日の午前なんかに行くと時間制限無くひたすら試飲をし続けることができたことも。また、一度の試飲で注いでもらえるのはそれはもう微々たる量ではあるのだけれど、塵も積もれば山となるとはまさにこのことで、微々たる量でも何十種類という梅酒や果実酒をストレートでちびちびと飲み続けると割と良い感じに酔っ払える。
という酒好き、とくに果実酒好きにはたまらない、一年に一度の超超超超楽しいイベントだった

と、概要を長々と綴ってしまうほどには楽しいイベントだったのだけど2015年は開催中止。

友人と来年はあるといいねと嘆いていたそんなイベントが! 今年はもうないのかなとついこの前も復活を切望していたイベントが! 2016年! 形を変えて! 復活!ヽ(;▽;)ノ
11日の夕方のニュースで初日の様子が放送されていたのを偶然見かけて本当にびっくり。去年のサイトからリンクが繋がっていなくて、このニュース見るまで今年の復活に全く気がついていなかったので、本当にvoiceには感謝している。西靖さんありがとうございます…(???)
金券制になったとはいえ、また天満宮で梅酒のイベントが開催されるというもうそれだけでもう嬉しい。
急いで友人にも連絡し、土曜日午前の約束を取り付けることに成功。ちなみにこの友人はぎゅソロとウェルテルどちらでも共に渡韓した友人である。韓国でもアイドルのコンサートでも中田氏のライブでもラーメンでも私の行きたいところに大体どこでも一緒に行ってくれるこの友人は、恐ろしいほど趣味が重なるだけでなく、下手すると服装まで重なるので出かけるときは注意が必要だったりするというのは余談でしかない。魂の双子説があったりなかったりする。どうかこれからも仲良くしてほしい。


いざ梅酒フェスへ

13日当日。いざ大阪天満宮へ。
夜は神戸で昨日に引き続きSHINee WORLDに行く予定だったので、「飲みすぎないように酔っぱらわないようにと水を買って持ってきてるよ!」と友人に報告したら、友人からは「私は昨日飲みすぎて若干二日酔いだわ…」と返ってきた。二日酔いなのに次の日の朝からまた飲みに行くのか。つよい。
12日のしゃいに~わ~るどは、推しのジョンヒョンさんが感染性胃腸炎で出演できなくなってしまい、この日の出演も怪しかったので、「ジョンヒョンさん出ないかもしれないから酒飲んでテンション上げてから神戸行かなきゃ~」なんてことを言っていたりしたけれど、正直言い訳以外の何物でもない。ジョンヒョンさんのいないSWについては、また別の記事で書くつもりにしている。

そして大阪天満宮へ到着。先にお参りを済ませて、いざ梅酒フェスへ~!
f:id:ohghtck:20160214101424j:plain
この時点では良い天気。途中から雨降ってきちゃったけど。

10時スタートで会場に到着したのは10時5分くらいだったけど、この時点ですでにブースの中で飲み始めている人が結構いて、早くもテンションが上がり始める。私も早く飲みたい。
受付でセット券(100円の金券×11)を1,000円で購入し、券とカップをもらう。
前のお姉さんとスタッフさんが「みんな2枚くらい買ってますか?」「2枚くらいは買われますね」という話をしていたけれど、「飲みすぎちゃダメだしね~」「まあもし足りなくなったらまた買いにこれば良いしとりあえず1枚でいいや」などと軽くスルーしとりあえず1枚だけ購入。
なぜこの話をするかというと、後できっちりもう1枚買い足したからである。

とりあえず券は1枚だけ携えてブースに入場。四角いテントの三辺に置かれたテーブルにずらりと並ぶ梅酒とリキュール。
梅酒フェスといいつつ、半分くらいは果実酒のリキュールだったかな。今までの梅酒大会の梅酒部門・リキュール部門をひとつにまとめた感じ。コンパクトではあるけれど、それでも約100種類ほどずらりと並べられたテーブルはなかなかの圧巻。
今回は梅酒/果実酒ではなく、価格帯でコーナーが分けられている仕様。100円(金券1枚)で飲めるものから、400円(4枚)や500円(5枚)で飲めるものまで。100円のコーナーも割と種類は多かったし、200円のものが一番多かったように思うので、綴り券1枚だけでも飲もうと思えば10種類くらい楽しめるはず。しかし300~500円コーナーも美味しそうなものがたくさんで、やっぱり金券は2枚以上あったほうがいろいろ楽しめるとは思う。

1杯も、カップ自体はそんなに大きくはないけれど、しっかり味を楽しめるくらいの量はちゃんと注いでくれるから、もともと味を知っているお気に入りの銘柄を改めて飲むのも良いし、気になる銘柄を吟味して今後のお気に入りを探すのにも良いな~という感じ。
金券制なので、梅酒大会当時のように時間制限があるわけではないので、途中でブースの外でちょっと休憩なんてことができたり、併設されているおでんや屋台のフードを休憩所で食べながら梅酒やリキュールを楽しんでいる人もいたりと、それぞれ自分のペースでまったりお酒を楽しめるのはすごく良いなと思った。氷の有無も聞いてくれるし、「少な目で!」という依頼にもちゃんと答えてくれるみたいだから、そんなに酒に強くない人でも結構楽しめるんじゃないかな。ちょっと割高な印象にはなるかもしれないけれど。
梅酒大会はあの忙しなさがまさにお祭りという感じで楽しかったのだけど、梅酒フェスのじっくりまったりという感じもこれはこれですごく良いし、個人的にはこっちのほうが雰囲気としては好みだったかもしれない。

梅酒ブースのすぐ向かいのご当地おでんコーナーも魅力的だった。最初はすぐ後にラーメン食べに行くから~とスルーの予定だったのだけど、どうにもおいしそうで結局食べちゃった。ちなみにおでんの後ちゃんとラーメンも食べに行ったし、なんならその後、阪急のバレンタイン催事場でソフトクリームまで食べたし、ここまでの時間は約4時間ほどしかない。はははは。
おでんは、大阪・姫路・長崎・静岡・岡山・名古屋の6種類くらいあったかな。金券5枚で3種盛り。
私は姫路おでんを選んだのだけど、お出汁にたっぷり入れてもらった生姜(と醤油)がすごくおいしかった…!
ちなみにおでんで3種を選ぶなら私は絶対に大根たまごこんにゃくのド定番チョイスをキメる女である。


ひるごはんとおやつ

おでんを食べたからお昼ご飯は食べない、という選択肢は無かったし、なんならおでんを食べてすぐどこのラーメンを食べるか検索していた。f:id:ohghtck:20160214113035j:plain
ぺぺらーめんで塩ラーメン。特にスープがすごく美味しかった…!
tabelog.com


f:id:ohghtck:20160214113529j:plain
阪急で食べたマックスブレナーのチョコレートディップソフトクリーム。写真ブレちゃった。
sweetsreporterchihiro.com


飲みまくって食べまくって、食に対して強欲に生き尽くしたところで、友人と解散。私はワールド記念ホールへ。
この日もやっぱりジョンヒョンさんは欠席だったけれど、京セラでは5人のSHINeeが観られますように。


飲んだものメモ

最後に今回の梅酒フェスで飲んだものを後々の自分のためにもメモしとく。カッコ内は梅酒フェスでの試飲価格。

  • 唐草まっこり ゆず (\100)
  • 鶴梅 完熟 (\100)

http://umesusu.jp/2014-umeshu/80/

  • 鶴梅 ゆず (\200)

http://umesusu.jp/result2012/

  • 塩ゆず (\200)

http://umesusu.jp/2014-liqueur/409/

  • 布袋梅酒 (\200)

http://umesusu.jp/2014-umeshu/10/

  • 大信州のみぞれりんごの梅酒 (\200)

http://umesusu.jp/2014-umeshu/71/

  • 大信州樹一本みぞれりんごの梅酒 (\300)

http://umesusu.jp/2014-umeshu/72/

  • しらうめの庭 (\400)

http://umesusu.jp/result2013/



感想を書けるほどお酒に詳しいわけではないのでもう簡単にちょっとだけ。
ゆず酒はどっちも夏にきんきんに冷やして飲みたい。鶴梅のゆずは学生の時からずっと好きな銘柄。
布袋梅酒は、"当社従業員が一番瓶詰めを嫌がる商品。"という説明でちょっと笑っちゃうんだけど、その気持ちもなんとなく分かりそうなくらいどろっとしたにごり梅酒。どろっとした食感もあの甘さもすごく癖になるので以前から大好き。従業員さん…嫌がらずに詰めてくれてありがとうございます(笑)
みぞれれんごの梅酒はどっちもおなじ酒造さんが作っているけれど、上のはどちらかと梅酒が強めで、下はりんごが強めな印象。下のほうが度数も低め。どっちもりんごや果肉入りの果実酒好きには最高…。
どれもみんなおいしくいただきました。

また来年もぜひ開催してほしいな~。スタッフのみなさんお疲れさまでした。

二人だけ踊るここは Valhalla / ミュージックステーションのBIGBANGが楽しかった話

年度末が近づき、どことなく仕事が追い込みの雰囲気を纏い始めた今日この頃。必然的に残業時間も増えてきてしまっている。
おかげでTwitterのタイムラインを追うこともなかなかままならない。一部のリストだけはかろうじてチェックしている。
これによって推しの可愛い写真をたくさん保存し損ねているのかもしれない、と思うと憂鬱になるけれど、仕事終わりにTwitterの何百というツイート数のタイムラインを追いかける気がどうしても起きないので泣く泣く諦めている。
Twitterって眺めているだけでも割と体力を使うツールだと思っている。だからと言って辞められない程度には依存しているのだけれど。

そんな最近だったけれど、この金曜日だけは何があっても残業はしないと心に誓い、定時のチャイムが鳴った後、机上と職場の後片付けを一瞬で済ませ、私はタイムカードを押して職場を後にした。

どうしてもミュージックステーションが見たかった。
どうしてもミュージックステーションのBIGBANGが見たかった。


k-popにハマって三年目になる。
友人の布教によりEXOを好きになり、その後SHINee,SUPER JUNIOR,f(x)と順調にSMエンタという大海を漂流、EXIDほかSM以外のグループにも興味を持ち、見事k-popアイドル雑食マンと化した私だけれど、今までの2年間でどうしても手が出なかったものがある。
それこそがYGエンタのアイドルたちだった。

なんかとりあえず怖かった。カツアゲされそう、という雑な印象。申し訳ないとは思っている。
当時「スクールカースト」なんて言葉は無かったけれど、もし学生時代にこの言葉が存在したら真ん中より下に位置していた気がする私にはあのアイドルらしからぬオラオラ感がとりあえず怖かった。
それに加えてk-popにハマって好きになってきたアイドルたちがみんなSMが育てた優等生みたいなアイドルたちばかりを愛でてきたこともあって、とりあえず怖かった。
ここ最近はSMに限らずいろんなアイドルに手を出すようにはなったものの、YGだけはなんかハマらないんだろうなあというよくわからない思い込みがあった。


その印象がちょっと変わったのがこの前の2015MAMAだった。
www.youtube.com
EXOペンとしては、BAE BAEでセフンちゃんにグイグイ絡んでいたスンリさんが気になって仕方がないところではあったのだけど、それよりもとにかくLOSERがどツボだった。ただただ曲が好きだった。
観終わってからApple MusicでMADEシリーズをmy musicに追加するまでそう時間はかからなかったし、その後しばらくしてからMVもちゃっかりチェックした。
we like 2 partyのオフショット感は最高にかわいいし、let's not fall in loveのMVのじーどらごんさんはニャンコドラゴンさんすぎてかわいいし(?)、ZUTTERは正直いろんなものがツボすぎて口角を上げずに見られない。


そして金曜日のミュージックステーションである。
2015MAMAの受賞コメントでぺらぺらスムーズに多言語であいさつをキメるスンリさん、いや、すんちゃんに感動して以来、どうにもすんちゃんが気になって仕方ない私は、登場してすぐのすんちゃんの喋りの流暢さに私は再び感動した。
すんちゃんだけじゃなくてそんさんやよんべさんもみんなすらすらと日本語で受け答えしていた。
まあそりゃリハとかちゃんとしてるんだろうけど、すらすらと日本語で返すびっべんメンバーたちに、今までいわゆる「愛してるマシンガン」*1ばかりをくらってきた人間は、愛してると言われればキャーと言うシステムの中で生きてきた人間は、とても衝撃を受けたのだった。



桐谷健太さんのトークの後ろにいるびっべんさん。
すんちゃんとよんべさんに挟まれるじーどらごんさんが小さくてかわいかった。
TwitterでもRTが回ってきていたけど、脚を組んでいたじーどらごんさんに、よんべさんが脚をぺしっと叩いて止めさせたところ、正直めちゃめちゃ萌えてしまった。この二人同い年なんだね…!?
びっべんさんのこと怖い人たちだと思って生きてきたから、注意されて素直にやめるじーどらごんさんが意外すぎてもうギャップ萌えで死にそうだったし、その後しばらくしたらまた脚組んでたのも日頃の癖を感じてどうしようもなく萌え転がった。かわいい。びっべんさんは生きている。


アルバムランキングでMADE SERIESが1位獲得*2、という流れからとうとうびっべんさんの出番。
明日福岡でコンサートだから福岡出身のタモさんにご当地ネタの提供を求めるすんちゃん。ドカーン!の言い方が熟れすぎているし、仮にもコンサートなのにネタで一発当てることに命をかけていそうなところに好感しか持てなかった。
よんべさんのごぼ天うどん食べますよの言い方がスマートすぎてうっかり惚れそうに。
てそんさんのニコニコ笑顔に自然光的なヒーリング効果を感じるのは私だけではないはずだ。もつ鍋も食べたい。
じーどらごんさんは終始ニコニコしていた。この人は意外にいつもこんなかんじなのだろうか。それともよそ行き営業モードなのだろうか。なんにしてもとりあえず先ほどのギャップ萌えが継続中なので、黙ってただニコニコしてるじーどらごんさんが可愛くて仕方がなかった。


そしてついにびっべんさんが「FANTASTIC BABY」と新曲「BANG BANG BANG」を披露。

ペンライトを持った観客がすでにめちゃめちゃ楽しそうで良い。あのゴツいペンライト一回持ってみたい。重いのだろうか、なんてどうでもいい妄想が膨らんだ。

FANTASTIC BABYは超有名な曲だというのはもちろんだけど、個人的にSUPERハンサムLIVEって感じがすごい。植原ドラゴンさんの僕ちゃんはハンサムがまた聴きたい。

観客の雰囲気も相まって見てるだけで楽しかったのは楽しかったのだけど、すんちゃんパートがカットされたのが私にはどうにもかなしい。
ただでさえ出演者少なくて映像特集ばっかりだった回だった*3んだから、すんちゃんのパートの尺は用意できた気がするんだ。
メドレーにしてくれたのはありがたかったけど、どうせ長くやってくれるならFANTASTIC BABYのすんちゃんメインのパートも見たかったんだ。

しかしその悲しみに浸る間もなく、BANG BANG BANGのターン。

MADEシリーズならLOSERとZUTTERが好きで、正直BANG BANG BANGはあまり聴いてなくて、Mステ出るって決まった時も「BANG BANG BANGか〜 まあ盛り上がる曲選ぶならこれか〜 でもLOSERが良かったな〜」ってぼんやり思っていたのだけど、歌ってるところ見てみたらこれが思いの外楽しかった。
こういうの見るとやっぱりパフォーマンスしてるのを見るのはいいなって思う。
耳で聴くだけだとピンとこなかった曲でも、実際ライブに行ってパフォーマンス込みで聴くとすごく良くて一気に好きになるとかよくあることだけど、今回がまさにそれだった。まあ厳密にはコンサートを見に行ったわけではないけども。
#一撃でゾッコン #とは 、感あったけど、まあほんとに一撃でゾッコンだった。楽しすぎた。
横向いて腕振る振り付けでひとり逆に振っちゃったじーどらごんさん見て私は思わずウアアと悶えた。むり。かわいい。
何事もなかったかのように冷静に修正したスマートさも萌えるんだけど、何よりここまでの一連のギャップで私のHPは着々と削られ限りなくゼロに近づこうとしていた。じーどらごんのGはギャップ萌えのG…!

パフォーマンスの楽しさはもちろんなんだけど、それよりも数ヶ月前まで怖い人たちだとしか思っていなかったびっべんさんたち(主にじーどらごんさんとすんちゃん)にここまで萌えることになるなんて…という自分への驚きで頭がいっぱいである。
ちなみにじーどらごんさんとすんちゃんの先にニョントリという世界があることは大体存じ上げていることは申し添えておく。


そして番組ラスト。
ついに口を開いたTOP氏。
やっと喋った(笑)と思っていたら、TwitterでもこんなのをRTで見かけた。


わかる。
TOPさんがアイシテマス、と言った後、横でヒャー😵ってしてる萌え袖で顔隠して笑ってるじーどらごんさんが可愛すぎて、私のHPはついに尽きた。ミュージックステーションありがとう大好きだよ心から感謝してる。


土曜日も録画を何度か見返しては、その度にじよんちゃん(ついに呼び方を変えたオタク)かわいいなあ〜と思ったり、スタンバイお願いします、の後の一瞬のニョントリみに目をギラつかせたりを繰り返していた。ミュージックステーション以外の動画もいろいろ見た。お化け屋敷がこわいびっべんさんかわいすぎる。
金曜からずっとMADE SERIESを購入しようかとずっと悩み続けている。軽い気持ちで買える値段じゃないのでなかなか悩ましいのだけど、7時間の特典映像という誘惑が私をずっと苦しめる。
買ってしまえばこの苦しみからは解放されるということは分かっているけれど、この方法による苦痛からの解放は、自分の財布を人質にしてしまうことを私はもっと分かっている。
最近、来週のSHINee神戸を1日増やしてしまったこともあり、どうにもこうにも悩ましい。
とか言いつつ、割と近いうちに買いました見ましたと言ってブログを書いている未来は正直見えている。だって欲しいもんな。
とりあえずしばらくはApple MusicでMADEシリーズを聴いて我慢することにする。さてこの我慢がいつまで続くことかな。


本当はえぷソウルコンの感想を書きたかったのに、気がついたらびっべんさんのことを書いてしまっていた。えぷはまた今度。

f:id:ohghtck:20160207011306p:plain

*1:まあそれもそれで可愛いんだけどもさ

*2:アルバムランキングのベスト3がみんなk-popだったことについては今回は割愛するけれど、いろいろ思うところはある

*3:ひな壇のほとんどがE-girlsだった